[McGill]映画の感想ー「リング」

by Martin, Haoyue, Yuanzhen

「リング」は日本のホラー映画で、1998年に封切りになりました。日本のホラー映画界でにとても大切です。 そして、監督[1]は中田秀夫です。「リング」はかれを有名にしました。その後中田秀夫は「リング2」や、「ほのぐらい水のそこから」を作りましたが、今もまだかれの一番有名な映画は「リング」です。

ringu

「リング」は海外でとても有名なので、外来リメークが五つもあります。

the-ring-2002

私達はこのポストで「リング」のあらすじと私達の意見と・感想を書きます。

hqdefault

あらすじ[2]

高校生の間で、変なビデオの噂がありました。そのビデオを見た人は、電話を受けます。そして、一週間後で死にます。新聞社の記者の玲子は、この謎を調べている時、自分の姪[3]の友子の死を知りました。友子の葬式[4]で、玲子は、友子と友子の友達と伊豆に遊びに行く時、変なビデオを見た後で死んだそうでした。そして、友子と彼女の友達の写真が曲がってい[5]ることに気付きました。真実[6]が分かるように、玲子は一人で伊豆に行って、友子たちが泊まったキャビンを探しました。そこで、玲子はそのビデオを見ました。東京に帰った後で、玲子は呪いを怖がって、自分の元の夫の高山竜司に電話をかけました。それで、竜司もビデオを見ました。玲子と竜司は自分達が死なないように、ビデオの秘密を調べるこに決めました。竜司はビデオの中の人間の声を調べました。それは伊豆大島のことわざでした。その時、竜司と玲子の息子の陽一は友子の霊[7]の声を聞いて、呪いのビデオを見ました。自分たちの子供にかけられた呪いが解けれる[8]ように、玲子と竜司は伊豆大島に行きました。

私達の感想:

西洋のホラー映画は大抵分かりやすくて、流血シーン[9]がどこにでもあります。しかし、「リング」には精巧な[10]内面描写[11]や人間の本質[12]や世情[13]の表現[14]があります。登場人物の選択は我が儘[15]、責任[16]、背信[17]、好奇心[18]、愛や復讐[19]から来ています。例えば、玲子と竜司は陽一を愛してるので、陽一の命[20]を救いたくて[21]ビデオの情報[22]を探したり、井戸[23]の底に行ったりして、全て[24]の手段[25]を試みました[26]。それは両親の愛と責任です。そして、陽一の命を救えるように、玲子は利己的[27]に自分のお父さんにビデオを送りました。それは玲子の我が儘と祖父の孫[28]への愛です。また、この映画は世論が一人の人を壊せることを見せます。一人の人の話[29]がこの社会現象[30]と一緒に見せられているので、「リング」は他の映画よりいいホラー映画です。

[1]監督・ かんとく:film director

[2] あらすじ:synopsis

[3] 姪・めい:niece

[4] 葬式・そうしき:funeral

[5] 曲がる・まがる:to twist

[6] 真実・しんじつ:truth/reality

[7] 霊・れい:soul

[8] 解ける・とける:to be solved

[9] 流血・りゅうけつ:bloodshed

[10] 精巧な・せいこうな:exquisite

[11] 内面描写・ないめんびょうしゃ:psychological depiction of a literary character

[12] 人間の本質・にんげんのほんしつ:nature of human

[13] 世情・せじょう:the ways of the world

[14] 表現・ひょうげん:expression/presentation

[15] 我が儘・わがまま:selfishness

[16] 責任・せきにん:responsibility

[17] 背信・はいしん:betrayal

[18] 好奇心・こうきしん:curiosity

[19] 復讐・ふくしゅう:revenge

[20] 命・いのち:life/life force

[21] 救う・すくう:to save/rescue

[22] 情報・じょうほう:information

[23] 井戸・いど:water well

[24] 全て・すべて:everything

[25] 手段・しゅだん:means

[26] 試みる・こころみる:to try

[27] 利己的・りこてき:selfish

[28] 孫.まど:grandchild

[29] 話・はなし:story

[30] 社会現象・しゃかいげんしょう:social phenomenon

Sources:

Ringu, wikipedia.  https://en.wikipedia.org/wiki/Ring_(film)

Picture 1. https://en.wikipedia.org/wiki/Ring_(film)

Picture 2. https://en.wikipedia.org/wiki/The_Ring_(2002_film)

Picture 3. https://www.youtube.com/watch?v=FmhZlhCvUh0

Advertisements

3 thoughts on “[McGill]映画の感想ー「リング」

  1. uesaka

    私は普通ホラー映画は見ないのですが、友達が「これはあまり怖くないよ」と言ったので(うそつき!)見てしまいました。とても怖くて、映画を見た後、テレビがある部屋には夜行けませんでした。でもこのブログに書いてあるように、この映画には流血の場面がありませんね。でも怖い。ビデオが人を殺せると言うアイデアがすごいと思いました。

    Liked by 1 person

    1. yuanzhenzhao

      一緒に見たから、私達は「リング」を実に怖くないと思います、でもたぶんあの時にはとてもいい映画でした!

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s