[McGill] 映画の感想ー「告白」

Confessions_(2010)_film_poster.jpg

私たちは「告白」をしょうかいします。

『告白』まずのおもな登場人物は中学生二人と先生一人です。先生の娘がころされた

ので、先生はさつ人者を探したいです。先生はさつ人者をみつげるで、復讐をしたいです。さつ人者は先生のクラスの学生です。ひとりはしゅうやです。しゅうやは頭がいいですが、小さい時、お母さんとわかれたので、エディプスコンプレックスがあります。もうひとりはなおきです。なおきは、はずかしがりやで、友達をほしがっている。なおきとしゅうやはしゅうやの新しいおもちゃを実験しました。先生の娘はこのひがいしゃです。ふたりの演技がすてきです。先生やくのじょゆうもいいです。彼女の役はとても複雑で、娘の死で、きちがいになります。私たちは、この映画に感動した。はいゆうとじょゆうの演技が素晴らしいから、『告白』はとてもおもしろかったです。

それから、『告白』は2012年の映画です。映画と音楽のかんとくは中島哲也です。私たちは、音楽に一番興味があります。主題歌はレディオヘッドの「ラスト・フラワーズ」ですが、全体的に暗くて絶望的なぶんいきと思います。この映画日本のバンドの相対性理論や、実験ロックンドボリスや、アイドル・グループのAKB48も音楽を参加しました。音楽とテーマが一致ています。主題歌が始まって、悲しいばめん時や怖いばめん時で、かんきゃくは感動します。

またこの映画は映画撮影法がとてもいいです。冷たい雰囲気を作るために、青と灰色が使ってあります。また、もっと冷たい雰囲気を作るために、長いスチールカメラショット が使ってあります。あまりカットは多くありませんが、ひとつひとつのカットには強いいんしょうがあります。けれども、いつも冷たい雰囲気だったらあきてしまいます。それで、もっと映画にじょうちょが出るように暗い色と明るい色を足しています。『告白』は映画撮影法と色々テーマをつなげるから、いい映画になっています。

class.jpg

 

「Title」告白・こくはく:Confessions

「1」映画撮影法・えいがさつえいほう:cinematography

「2」雰囲気・ふんいき:mood, atmosphere

「3」いんしょう:impression

「4」じょうちょ:feelings

「5」つなげる:to tie, to connect

Pictures taken from :

wikipedia.org

asianwiki.com

 

 

Advertisements

2 thoughts on “[McGill] 映画の感想ー「告白」

  1. 有名な映画ですが、この映画を見た人からすごく気分がおちこむ映画だと聞いたので、こわくてまだ見ていません。冬休みに時間があったら、見てみます。

    Like

  2. Haoyue Guo

    この映画は私の大好きな日本の映画一つです!
    初めて見た時は、この映画の撮影法がすごいと思いました、とても特別な映画ですね。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s