[McGill] 和菓子 – 大福

このブログは和菓子を紹介します。明治時代にヨーロッパから新しいお菓子を日本に入って、名前が変わました。和菓子はたくさんの種類があります。そして、三つ主な種類に分類しました、それは生菓子と干菓子と半生菓子です。三つの主な種類の中にはもっと小さい種類があります。


海外で一番有名な和菓子は多分だと思います。その中に一番よく食べるは大福餅です。大福の名前の由来はこの餅の外観です。この餅の餡の量は餅と同じぐらいから、餅の“お腹”が大きいです。それで、大腹を命名しました。そして、大腹から同じ読み方の大福になりました。

daifuku


イチゴ大福の作り方:

材料(六つ):

イチゴ ― 六つ
あんこ ― 120g
餅粉 ― 50g
水 ― 100g
グラニュー糖 ― 50g
片栗粉 ― 適宜

餡:まず、イチゴの葉をとる、そして、餅と同じサイズ のあんこ玉を作って、イチゴをあんこで包みます。

餅:餅粉に水に入れて混ぜます。それで、この生地にグラニュー糖も入れて混ぜます。次に電子レンジに二分生地をね熱します。その後で、生地に少し水を入れ、もう一度う混ぜて電子レンジに一分に熱すます。

最後には大福が粘くないように、餅を片栗粉の上に広げます。そして、餡を餅で包みます。


単語:

分類する(ぶんるいする) ー To Categorize
和菓子(わがし) - Japanese Sweets
餅(もち) - Sticky Rice Cake
粉(こな) - Powder
餡(あん) - Sweet Bean Paste
命名する(めいめいする) - Naming
外観(がいかん) - Appearance
適宜(てきぎ) -  Appropriate
混ぜる(まぜる) - Mix
生地(きじ) -  Mixture
広げる(ひろける) - to spread


Images:

oyatsubox.com/wp-content/uploads/2015/12/Daifuku.jpg

wagashi.or.jp/monogatari/shiru/images/syurui/ill_ichiran.gif

Advertisements

8 thoughts on “[McGill] 和菓子 – 大福

  1. uesaka

    大福って最初は大腹って書いたんですか。確かに、真ん中がふくらんでいますね。私は大福が大好きです。でもちょっと高いとおもいませんか。

    Like

  2. momo343

    マニトバ大学のモりーです。私は和菓子が本当に好きです。カナダのお菓子よりおいしいと思います。和菓子の中で、イチゴ大福が一番好きです。あんこをウィンイペグにどこに買えるか知りませんが、このポストを読んで、イチゴ大福を作ってみたいです。

    Like

    1. ikedamon

      私はときどき、イチゴ大福を作ります!モントリオールであんこも餅粉(Mochiko)も買えますよ。EDENで売っています。

      Like

  3. wzy8764

    大福をたべたことはありませんが、おいしいそうですね。もしきかいがあったら、たべてみたいです。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s