[McGill] Nintendo「任天堂」

By: Jen, Martin, Simon, and Sarah

マリオ、ポケモン、ドンキーコングやゼルダは誰でも知っているキャラクターです。これは、山内 房治郎(やまうちふさじろう)という人が作りました。山内 房治郎は、1889年に世界で一番有名なゲーム会社の一つを始めました。この日本の会社は、任天堂 (にんてんどう) と言います。ビデオゲームや、ゲームのハードウェアや、おもちゃを作っています。英語では、「任天堂」は「leave one’s fortune in the hands of fate」という意味です。

今回は、私たちはその任天堂について話します。元々、任天堂は小さい店でした。花札というカードゲームを作っていました。そのカードゲームがとてもよく売れたから、房次郎はもっとじゅうぎょういん をやといました。そして1949年に店を任天堂かるたという株式会社 にしました。日本のカードゲームは 今、任天堂は 作られて、売われます。

その後で、ひろしという房次郎の孫が会社を任天堂と名付けました。そして、1977年にカラー テレビゲームという一番目の任天堂のゲーム機 を作りました。そして、カラー テレビゲームは人気が出たから、任天堂は他のゲームのかたちを研究しました。そして1981年に宮本 茂というゲームプランナーがドンキーコングというアーケードゲームを生み出しました。その後でマリオも作りました。

1983年には任天堂はファミリーコンピューターを作りました。そのゲーム機は英語でNintento Entertainment Systemと言って、それまで一番人気が多い任天堂のせいひんになりました。そしてファミコンとともに、マリオブラザーズというファミコンゲームも人気が出たから、任天堂はマリオを自分のマスコットにしました。今アメリカの子供にはミッキーマウスよりマリオの方が有名です。

1889年以後、任天堂はゲームを 44億台と、ゲームのハードウェアを696億台売りました。任天堂のさいしんゲーム機は「スイッチ」です。3月3日に出ました。新しいどくそうてきなゲーム機です。テレビや けいたいで使えます。日本でのキャツフレーズは「いつでも、どこでも、だれとでも」です。「スイッチ」は多くの古い任天堂のゲームを含んでいます。たとえば、マリオやゼルダやスプラトゥーン2です。任天堂の将来は、明るそうです。

New Vocabulary 「新しい言葉」

ゲームのハードウェア:Game hardware

元々 もともと:Originally

従業員 じゅうぎょういん:Employee

雇う やとう:To employ

株式会社 かぶしきがいしゃ:Joint Stock Company

孫 まご:Grandson

ゲーム機 ゲームき:Game console

研究する けんきゅうする: To research

製品 せいひん: Product、Manufactured good

生み出す うみだす:To create

最新 さいしん:Newest

独創的な どくそうてきな:Creative

含む ふくむ:To contain/include

 

Sources 「参考文献」

https://www.nintendo.co.uk/Corporate/Nintendo-History/Nintendo-History-625945.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo

https://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo_Entertainment_System

https://www.northernexpress.com/news/feature/article-1338-mario-bigger-even-than-mickey-mouse-the-little-plumber-from-japan-is-a-world-wide-superstar/

http://appcheaters.com/nintendo-finally-bringing-their-games-into-mobile/

https://www.nintendo-europe.com/

https://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo_Entertainment_System

http://ca.ign.com/articles/1999/12/01/dk-card-game-announced

Advertisements

2 thoughts on “[McGill] Nintendo「任天堂」

  1. 山内房治郎は本当に賢い人のようです。 任天堂は世界の人たちが知っているように、日本のメディアの影響力がそのように大きいということを感じました。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s