[McGill] 日本のビール

日本でビールはとても人気があります。日本にブルワリーがたくさんあります。サッポロビールと、アサヒビールと、キリンと、サントリーは日本の一番大きなブルワリーです。

日本の初めのビール会社は日本ばく酒会社でした。日本はばく酒会社は1885年に横浜に始まりました。1886年にキリンビールを売りを始めれました。キリンはドイツのばくがとおおむぎをゆにゅうして、ドイツ人のしゅぞう家にやといまして、ドイツのスタイルのビールを作りました。それから、キリンビールはとても人気になりました。今、キリンの「キリンラガー」と「一番搾り」はとても人気があります。そして、キリンはソフトドリンクも作っています。

サッポロビールは1886年に札幌に始まりました。サッポロビールは日本ばく酒会社とはげしくきょうそうしました。1906年代に日本ばく酒会社に変えて、日本で一番のビール会社になりました。1949年日本ばく酒会社はサッポロとアサヒの会社にさけました。今、サッポロは一番人気があるビールは「サッポロ黒ラベル」と「ヱビス」です。

アサヒビールは1889年に大阪に始まりました。会社の名前は大阪ばく酒会社でした。1957年に「アサヒゴールド」はアサヒの主にビールが、1987年に「アサヒスーパードライ」を作りました。アサヒスーパードライはとても人気があるビールでしたので、 ビール会社は全部ドライビールを作り作り始めました。この時代は「ドライ戦争」です。キリンは1988年に「キリンドライ」を作って、サッポロは「サッポロドライ」を作って、サントリーは「サントリードライ5.5」を作りました。しかし、アサヒスーパードライはドライビールの中でいつも一番人気です。今、アサヒビールは日本の一番みのり多いビール会社です。

サントリーは1899年に大阪に始まりました。名前は鳥書店とがんそは鳥しんじろうです。鳥書店はゆにゅうしたワインを売っていました。1923年に鳥しんじろうが山崎ウイスキーじょうりゅう所を開けました。1929年に「サントリー白札」は山崎じょうりゅう所の初めてのウイスキーです。1963年に会社の名前が「サントリー」になって、「サントリービール」を始まりました。今、「サントリーモルツ」と「プリミアム・モルツ」がサントリーの一番人気があるビールです。

今、ビールは日本の中で一番人気があるお酒です。マイクロブルワリーもたくさんあって、クラフト・ビールはとても人気があるになります。新しいマイクロブリワリーがいつも開けます。

では、カンパイ!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s