[McGill] 日本の妖怪

去年の秋から、「陰陽師」(diviner)という携帯ゲームが中国では大人気です。このゲームは平安時代を背景にしている、記憶を失った陰陽師の安倍晴明の物語のゲームです。晴明は彼の式神(sorcerer’s agent)と共に、失った記憶を探しながら京都で徘徊している悪い鬼や妖怪などを退治する。

このゲームには、たくさん有名な妖怪が登場します。例えば雪の女や閻魔(King of the world of the dead)や大天狗(the Heavenly dog)など、日本でよく知られている妖怪です。ゲームの公式サイトによると、「陰陽師」に登場した妖怪が全部で85匹ぐらいになります。その中で最も強い妖怪の二つをここでみんなに紹介します!

酒呑童子(しゅてんどうじ)(http://www.japaneseprints.net/prints.cfm?ID=Yoshitsuya)

  平安時代の一番有名な妖怪の一つは酒呑童子という鬼の頭領です。
彼は手下の鬼と丹波国(an old province in Japan)の大江山に宮殿を作って、本拠にしました。彼らは若い女の人を誘拐して、血の酒や人の肉を食べる悪いことをしました。
長徳元年(995A.D.-999A.D.)に、天皇は陰陽師の占卜から大江山に住んでいる鬼のことを分かって、源頼光という武将に酒呑童子を殺させました。それから、頼光は旅の者を装って酒呑童子の本拠に行きました。
大江山の下で、頼光は神様から神便鬼毒酒という毒酒をもらいました。その毒酒は、人が飲んだら何でもないけど、鬼が飲んだらすぐ動かなくなります。頼光はその毒酒を酒呑童子にあげました。酒呑童子は何も考えないで飲んだ後で石のように動かなくなりました。頼光は機会に乗じて酒呑童子の首を切りました。酒呑童子は妖怪ですから、首が切られてもまだ動けました。
その鬼の首を動かなくなったために、頼光は酒呑童子の首を大江山に埋葬しました。

 

茨木童子(いばらきどうじ)


(http://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309351000084031179719353509)

  茨木童子は、酒呑童子の手下の四大副頭領の一つです。彼は酒呑童子と同じ強い妖怪で、女の人に変わる妖術を持っていました。
ある日、源頼光の家臣の渡辺綱(わたなべ の つな)は一条戻橋で道を迷う美女を見ました。美女と話した後で、綱は彼女を助けることを決めました。しかし、町を離れても、美女の家はまだ着きません。だから、綱は美女にどこに住んでいるかと聞きました。この美女は答えないで突然怖い鬼に変わって、綱の腕を掴みました。実は、彼女は茨木童子だったのです。綱は慌てて刀で茨木童子の腕を切りました。傷つけられた茨木童子は、急いで愛宕山へ逃げました。
渡辺綱は切った腕を持って安倍晴明という陰陽師に相談に行きました。それから、鬼が七日後腕を取りに来るから、七日の間誰も家に入ってはいけないと言われました。
七日目の夜、綱の伯母が訪ねて来ました。伯母は家に入ると、鬼の腕を見せて欲しいと言って、綱に鬼の腕を入れた箱を開かせました。綱が箱を開くと、伯母は突然茨木童子に変わって腕を取って空に飛んでいきました。

(http://www.4gamer.net/games/364/G036407/20161125097/)

  みなさんもし日本の妖怪の話に興味があったら、ぜひこの「陰陽師」というゲームをやって見てください。声優さんも超豪華で、そしてストーリもイラストも、グラフィックも素敵だと思います。ゲームをやりながら日本の妖怪文化を習うことができる。とても楽しいと思います。

 

Vocabulary List:

記憶(きおく)memory

徘徊する(はいかいする)roaming,wandering about

退治する(たいじする)extermination

登場する(とうじょうする)appearance

頭領(とうりょう)head; chief; boss

宮殿(きゅうでん)palace

本拠(ほんきょ) base; headquarters

誘拐する(ゆうかいする)to abduct; to kidnap

装う(よそおう)to dress ; to pretend

武将(ぶしょう)military commander

埋葬する(まいそうする)to bury

妖術(ようじゅつ)sorcery

家臣(かしん)retainer; vassal

突然(とつぜん)suddenly

掴む(つかむ)to grab; to grip

慌てる(あわてる)to be bewildered, to get into panic

傷つける(きずつける)to hurt; to damage

愛宕山(あたごやま)Atago Mountain

逃げる(にげる)to run away

伯母(おば)aunt

 

Advertisements

One thought on “[McGill] 日本の妖怪

  1. melonmatty

    「妖怪ウォッチ」というゲームも考えて、今は妖怪が人気な時代ですね。
    私はぺとぺとさんという妖怪が好きです。姿は透明であり全然見えませんが、人が独りで歩いてる時に後についてきます。誰もいないのに足元が聞こえるのはぺとぺとさんがいることとされています。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s