[McGill] キルラキル (アニメグループ)

B579A6BA-8458-422E-9415-8211BEACB083-3802-000009FF4DD0B459

はじめに

2011年に、ガイナックスというアニメスタジオの元社員はトリガーという新しいスタジオを開き、すぐに有名になりました。2013年に日本政府(せいふ)の若手(わかて)アニメーター育成(いくせい)プロジェクトの中で、「リトルウィッチアカデミア」と言う短編映画(たんぺんえいが)が有名になった後で、「キルラキル」という最初のテレビアニメシリーズを始めました。それはトリガーのオリジナル作品だったので、キルラキルはスタジオの看板(かんばん)アニメになりました。
あらすじ

F8F7F966-7286-44EF-9724-61AEA3AADC29-3802-000009D11DC2F7F6

キルラキルの主人公(しゅじんこう)は17さいの高校生、纏 流子(まとい りゅうこ)です。彼女は父の殺人を取り調べるために、名門である本能寺学園(ほんのうじがくえん)に転校しました。学園の生徒会長(せいとかいちょう)である、鬼龍院 皐月(きりゅういん さつき)が父の死に関係している(かんけいする)と考えたからです。流子は真実を知るために皐月と向かい合わなければなりません。しかし、その前には、彼女を取り巻いている(とりまく)部活の部長たちと戦わなければなりません。彼らは極制服(ごくせいふく)という、着るととても強くなって、特別な力が手に入る制服を着ています。実は流子も、鮮血(せんけつ)という名のセーラー服を持っています。その制服に血をすわれて、ものすごい力をもらいます。そして彼女の武器(ぶき)は、父を殺すのに使われた、剣(けん)のように大きなハサミのかたわれです。これが彼女の物語の始まりです。

FCAB128F-E54E-4B61-B414-7B5A60BE6B18-5917-0000100CB96A9E3A

設定とテーマ

キルラキルのぶたいは、本当ではないもうひとつの日本です。物語は実の日本の歴史的(れきしてき)・社会的なことがらに似ている(にる)ところがあります。皐月は大阪や京都の学校の征服(せいふく)をたくらんでいます (たくらむ)が、これは、織田信長(おだのぶなが)の全国統一(ぜんこくとういつ)に似ています。皐月は学園を軍隊(ぐんたい)のように統治していて(とうちする)、それぞれの部活は部長がリーダーの小隊(しょうたい)ようです。

IMG_0183
この世界の仕組みは、今の日本社会のそれの大げさなパロディであり批判(ひはん)であるとすぐに分かります。学校が一番権威のある場所としてはたらき、学生のランクはその家族の生活レベルを決めます。かんたんな分析(ぶんせき)ですが、キルラキルの世界は、皐月が将軍(しょうぐん)、部長が大名であるような日本のむかしの封建制社会(ほうけんせいしゃかい)のように見えます。

まとめ

スタジオトリガーとキルラキルは、アニメ界の新星として、ファンや批評家(ひひょうか)と他のアニメーターたちから大きな賞賛(しょうさん)をあびます。キルラキルの後のトリガーは、「宇宙パトロール ルル子」、「キズないバー」、そして「リトルウィッチアカデミア」のテレビシリーズばんなどのすばらしい作品を作りました。作品はそれぞれユニークでおもしろく、スタジオトリガーの成功(せいこう)は続きます。あなたが本当のアニメファンならば、スタジオトリガーの作品は見ておくべきでしょう。とくにキルラキルは必見です。

 

IMG_0150

言葉

政府(せいふ)- government
短編映画(たんぺんえいが)- short film
看板(かんばん)- feature
生徒会長(せいとかいちょう)- head of student council
関係する(かんけいする)- to be involved
制服(せいふく)- uniform
武器(ぶき)- weapon
似る(にる)- to resemble
たくらむ – to scheme, plan
全国統一(ぜんこくとういつ)- unification of country (Japan)
統治する(とうちする)- to rule, govern
小隊(しょうたい)- platoon (army)
分析(ぶんせき)analysis
将軍(しょうぐん)- shogun
封建制社会(ほうけんせいしゃかい)- feudal society
賞賛(しょうさん)- praise, admiration
成功(せいこう)- success

 

 

Advertisements

[McGill] フューチャーファンク:80年代の日本の音楽の新生(パート2)

  私たちは前回のブログポストにフューチャーファンクとその日本の80年代の音楽のえいきょうを話して、三つの曲をくみこみました。このポストにそのフューチャーファンクの曲に焦点を話します。

  NIGHT TEMPOの「しましょう!Do it!」のサンプル曲は、1984年の香坂みゆきさんの「ニュアンスしましょう」から来ています。1984年に香坂(こうさか)みゆきさんは有名な歌手だったので、日本の化粧品ブランドの資生堂(しせいどう)は、その年の秋のキャンペーンの広告のためにその曲を使いました。「ニュアンスしましょう」のサビの歌詞「しましょう、しましょう、ニュアンスしましょう、恋が恥じらいながら映る」に、「一緒に、いちゃいちゃで、私たちの気持ちをひょうげんしましょう」のいみだと思います。

オリジナルの曲はリミックスより遅く、リミックスのドラムがありません。しかし、リミックスではオリジナルの曲が聞こえます。どちらもちがう面白みがありますが、NIGHT TEMPOのリミックスはディスコスタイルなので、踊りやすいです。

     次の曲は、MAITROの「インディゴプラトー」です。MAITROは有名なフューチャーファンクの音楽家です。オランダで生まれたけど、十五年間東京に住んでいます。MAITROは古い日本の曲をサンプルするのが好きです。「インディゴプラトー」のために、MAITROは80年代の J-Popの曲を使いました。曲の名前はポケモンのアレナに、ちなんで名づけられました。いそがしい日には、図書館で勉強した後で、友達とインディゴプラトーを聞いたらどうですか。曲はおだやかですから、目をとじて聞くといいです。 そうすると、シンセサイザーをあじわえります。

  また、MAITROはおもしろいサンプルを使っています。それは「ふたりの夏物語」(NEVER ENDING SUMMER)です。この曲は杉山清貴&オメガトライブ「KIYOTAKA SUGIYAMA & OMEGA TRIBE」が作りました。80年代間に、オーティス・レディング「OTIS REDDING」やビートルズ 「THE BEATLES」やサンタナ 「SANTANA」が日本の音楽グループにえいきょうをあたえましたから、強いベースやドラムの音が聞けます。

  さいごで、「ドキドキのディスコ」は2015年に出来ました。音楽家はナニダトです。ナニダトは日本人で、東京に住んでいます。「ドキドキのディスコ」のサンプルは「シンディ」(山本真裕美)の「私達を信じていて」です。「私達を信じていて」は ANGEL TOUCHのアルバムからきています 。この二つのうたは違います。たとえば、「ドキドキのディスコ」の方がビートが強いです。そして、音の高さが高いです。これは「ドキドキのディスコ」の歌詞です 。

  「わたしたちを 信じて/悲しい日々があったこと/何一つ 思い出せない/そんな日が来ることを迷わず」「ドキドキのディスコ」は、感情的なうたです。音楽家はかなしそうです。絶望的に感じますが、私達に望みをくれます。

  みんな、このブログポストが気に入ってくれるといいのですが。コメントをおまちしています。よろしくおねがいします。

えいきょう ー influence, effect

広告(こうこく) ー advertisement

サビ ー chorus (in music)

歌詞(かし)ー lyrics

恋(こい)ー love

恥じらう(はじらう)ー be shy

映る(うつる)ー be reflected

いちゃいちゃ ー flirt

ひょうげんする ー to express

面白(おもしろ)ー interest, appeal, attraction, fun

ちなんで名づける ー  to be named after…

曲(きょく) ー tune

おだやか ー calm

シンセサイザー ー synthesizer

あじわう ー to appreciate/enjoy

えいきようをあたえる ー to have influence on

感情的(かんじょうてき) ー emotional

絶望的(ぜつぼうてき) ー desperate

感じる(かんじる) ー to feel

望み (のぞみ) ー hope

[McGill] フューチャーファンク:80年代の日本の音楽の新生(パート1)

maxresdefault

i.ytimg.com/vi/dWcYCAEZBU4/maxresdefault.jpg

 1980年代から今までの30年間、日本の大衆文化は西洋にえいきょうをあたえています。新しいテクノロジーとインターネットで、日本のマンガ、アニメ、ビデオゲーム、映画、美術、デザインや、ファッション、食べ物は、西洋の大衆文化でじゅうようになりました。でも、言葉の壁があるから、まだ日本の音楽はあまり有名ではありません。

 1990年代には、シェアウェアがせかいでいっぱんてきになりました。そして、むりょうの音楽ができました。その時から、みんなはアマチュアの音楽家が見られたり、音楽をシェアしたり、その音楽が聞けるようになりました。今、音楽はインターネット上にあります。日本では、ヴェイパーウェイヴがおもしろい音楽のジャンルです。

 フューチャーファンクはヴェイパーウェイヴ音楽の一つのジャンルです。2012年に出来ました。だから新しい音楽ジャンルです。フューチャーファンクはファンクディスコフレンチハウス音楽をつかいます。有名なフューチャーファンクのアーティストはSaint Pepsiマクロス82-99Yung Baeです。そしてフューチャーファンクの大切な曲想はきょうしゅうです。けれども、フューチャーファンクは元気な音楽です。

 下に、私たちはフューチャファンクのきょくを三つ入れました。これらのきょくには日本語のきょくのサンプルがあります。つぎのブログポストで、サンプルのきょくとかしゅについて話します。その前に下のきょくを聞いて下さいね。

〜年代(だい):〜period (of time, ex: the 80s)

大衆文化(たいしゅうぶんか):popular / mass culture

西洋(せいよう):the West / Western world

えいきょう:important

美術 (びじゅつ):art

壁 (かべ):wall / barrier

きょく:song / tune

シェアウェア: shareware

せかいで: in the whole world

いっぱんてきになる: to become common

むりょうの: free / gratis

音楽家(おんがくか): musician

シェアする: to share / to hold in common  

インターネット上: internet platform

ヴェイパーウェイヴ: vaporwave (music genre)

ジャンル:genre

フューチャーファンク: Future Funk

ファンク: Funk (music genre)

ディスコ: Disco (music genre)

フレンチハウス: French House (music genre)

曲想 (きょくそう):musical theme

きょうしゅう: nostalgia